家、契約しちゃったよ!一条工務店i-smartだよ!!

一条工務店のi-smartで33坪の家が2019年7月に完成予定です。家記録と、これからどんな快適な暮らしになるかをブログに書いていきたいと思います。子どもの病気・アレルギーに関しての体験談等も載せています。

一条工務店、10年後の修繕費は?

(・ω・)/おはようございます!プチトマトです☆

 

昨日PTAの集まりで張り切って学校へ行きました。

到着すると、資料だけがドン!!と置かれてあり、誰もいない・・・

 

そこから約40分誰も来ませんでしたw

張り切りすぎました・・・張り切りついでに部屋のセッティングも終わらせましたw

次回からはほどほどに・・・(=_=)

 

 

さて、ようやく一条工務店で建てる我が家のi-smartの基礎工事が進み、もうすぐ上棟です♬

 

最近よく考えることがあります。

それは、i-smartの10年後の修繕維持費のことです。

 

i-smartⅡにはロスガード(我が家はさらぽか採用なのでデシカントシステム)、床暖房・食洗機、オプションになると電動ハニカムシェードやタッチレス水栓などが比較的安価でつけることが出来ます。

床暖については標準です。食洗機は標準から外すことも可能です。

 

 

それに一条工務店太陽光パネルの設置を推進しています。

我が家も10.08kWhの太陽光パネルを屋根に載せる予定をしています。

ã太é½åããã« ...ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 こうみるだけでもかなりの電力に頼っています。

電力に頼ることは悪いことではないとは思います。

 

 

しかし、友達のご主人がポソッと言った一言

 

 『電気に頼りすぎるのも後が怖いな。』

 

 きっと後というのは10年後の電化製品の故障時期の事を指しているんだと感じました。

友人宅は後々のメンテナンスなどを考え太陽光パネルは載せない方がいいと結論を出し、屋根も太陽光の勧誘がこないように北向きにしていました。

 

 

太陽光のパワコンの修理や交換代・・・交換なら20~30万。デシカントの交換代・・・約40万円ほど。ロスガードの交換代・・・約20万円、サーキュレーターもきっと10年経てば交換になるかもしれません。その交換費用も1台ごとに掛かってきます。

となると10年経てば結構な金額になってきます。

ここで10年と書きまくっていますが、うまく使って10年と思っていただけると幸いです。

 

 

タッチレス水栓もいつまでもタッチレス水栓なわけではないかもしれない。 

LIXILさんのHPに載っていたので記載させていただきます。

キッチン : 水栓金具

※サービスマンの訪問による故障診断、原因特定作業には費用が発生いたします。

故障症状 出張料・技術料 交換箇所 概算金額(部品代含む)
水が止まらない 6,900円 ~ 7,400円 シングルレバーヘッドパーツ 10,900円 ~ 23,400円
ハンドル操作が重い 6,900円 ~ 7,400円 シングルレバーヘッドパーツ 10,900円 ~ 23,400円
ハンドルが割れた 6,900円 ~ 7,400円 バーハンドル 10,000円 ~ 19,000円
ハンドルが取れた 6,900円 ~ 7,400円 ハンドル 7,200円 ~ 13,400円
水栓根本に水が溜まる、
水栓胴体より水が漏れる
6,900円 ~ 7,400円 シングルレバーヘッドパーツ 10,900円 ~ 23,400円
シャワーヘッドより水が漏れる 6,900円 ~ 7,400円 シャワーヘッド 9,950円 ~ 33,000円
水栓と吐水口の繋ぎ目から水が漏れる 6,900円 ~ 7,400円 アダプター部 10,900円 ~ 23,400円
水切れが悪い(時間が経過すると止まる) 6,900円 ~ 7,400円 吐水口 10,900円 ~ 23,400円
水栓根本に水が溜まる、
水栓胴体より水が漏れる
6,900円 ~ 7,400円 Uパッキン 7,200円 ~ 13,400円
キャビネット内に水漏れしている 8,500円 ~ 9,000円 シャワーホース 11,800円 ~ 26,000円

タッチレス水栓のオプション代くらいの価格が羽を生やして飛んでいきます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

ハニカムシェードは2年間は無償保証期間だそうです。

けど、2年・・・・あっちゅう間に2年なんぞ過ぎてしまう!!!

 

 

それを考えると10年後・・・・

 

おっそろしいっす!!!!!( ;∀;)

 

10年経つと子供たちも大学生や高校生でかなり物入りになってきます。

その時期にかぶると結構キツイ!!!!!

 

 

まだ外壁にハイドロテクトタイルを採用しているので、塗りなおしなどは一般の壁に比べるとかかる費用は抑えられるかもしれないけど、その他の修繕費で意外とトントンだったりしてwww

 

 

やっぱり貯金は大事ね。

来るべき時のためにそれなりに備えておかないと。

 

f:id:petit-isma7:20190517065401p:plain