家、契約しちゃったよ!一条工務店i-smartだよ!!

一条工務店のi-smartで33坪の家が2019年7月に完成。家記録と、これからどんな快適な暮らしになるかをブログに書いていきたいと思います。子どもの病気・アレルギーに関しての体験談等も載せています。

ビフォーアフター(キッチン編)②

(・ω・)/こんばんは!プチトマトです☆

 

週末から家族みんな体調不良で家中ウイルスまみれになっていました💦

なかでも息子の咳が酷く、月曜日も学校を早退するほどでした。

で、かかりつけの病院へ行くと『今何でか(この時期に)喘息の子が多いんよねー。多分発作の一歩手前ちゃうかな?』と言われました。

 

けど、息子も私も???でした。

喘息特有の『ヒューヒュー』音はないし、息子自身も『これは喘息の咳じゃない。』と言い張るんです。確かに熱は上がる一方だし(と言っても37.0℃から38.0℃)、咳も治まる気配が全くなく、むしろ寝付けないほど。

 

これはだめだ!と思い、セカンドオピニオンをすることにしました。

娘のADEMの時にお世話になった病院に行くことにしました。車で30分ほどの所です。

 

www.petit-isma7.com

 

事の経緯を先生に説明し、いざ診察。

喘息かどうか胸の音を聴くため風車を思いっきり息子に吹かせます。

すると、『確かに全然喘息の音はしないね。』と。息子の言うことは間違っていなかった!!

咳をするたびに胸が痛いと訴えるのを伝えるとレントゲンを撮ることに。

すると左肺が白くなっていました。真っ白ではなくうっすら白い感じです。

『肺炎ではないけど、なりかけてる感じやね。抗生剤出しておきますね。』

来て良かったー( ;∀;)肺炎なんてなったらえらいこっちゃ!!!

 

 とりあえずこのまま咳が落ち着くことを願うばかり💦

 

 

 

さて、前回の続きを書きます♬前回はこちら!

 

www.petit-isma7.com

 

・冬は寒くなく、夏は暑くない

一条工務店は全館床暖房。そして我が家はさらぽかを採用しているので、夏は全館床冷房です。

これが本当に快適で( ;∀;)

この快適さを知った今、前の家には絶対戻りたくない・・・w

 旧宅・・・床クッションフロア。床下はこんな感じ・・・

f:id:petit-isma7:20200204130612j:plain

冬は床下からの冷気ガンガンでした。この写真を見ると基礎の不安定さが浮き彫りですねwww

夏はもちろん汗だくでご飯を作っていました。

 

今では朝も夜も一定の温度。寒さに震えながらご飯を作ることもなく、汗だくになりながら夕飯の準備をすることもなくなりましたw

 

・とても明るいキッチン

f:id:petit-isma7:20190731223446j:plain

この写真は電気を付けず、キッチン側のハニカムは閉めている状態の時の写真です。

これだけでも明るいですが、ハニカム開けるとより明るいです!

いままでがこちら・・・

f:id:petit-isma7:20190731223052j:plain

旧宅、この状態で自然光だけでは結構明るい方ですw

 

・家電は最小限

我が家のカップボードは135センチの下部のカップボードのみです。

皆さんがよく付けている家電収納はお洒落ではありますが、我が家では必要なかったので採用しませんでした。

カップボード上に置いている家電は電子レンジとコーヒーメーカーのみ。

トースターはガスコンロのデリシアで十分賄えますし、我が家には炊飯器が無いのでこの二つなんです。

 

炊飯器がない代わりにこれで炊いています。

 

 ガスで炊くご飯・・・最高です(⋈◍>◡<◍)。✧♡めちゃウマ!

 

 

・手荒れがマシになった!

もうね、ホントに。。。。ホントにマシになったんです!!!

10代・20代のころから手はホントにガサガサで、冬場にあかぎれがないなんてことはまずなかったんです💦

ですが、この家になってから食器洗いに使う水もそんなに冷たく感じないんです。

食洗機があるからそれを使って、手荒れもマシになったのかもしれません。

これには職場の友人も『どないしたん?!今年、手まだきれいやん!!』って言ったほどw

はた目から見ると全然きれいではないんですよ?wけど、今までに比べるとかなり綺麗になりました!手が!!

 

 

 

逆に、このキッチンにして悪かったこと・・・

カウンターキッチンを選択したんですが、物置になりがちという事ですかね・・・( ̄д ̄)ズボラはなかなかなおらないです💦

 

 

良かったらポチっとな!してもらえると嬉しいです(●´ω`●)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ