家、契約しちゃったよ!一条工務店i-smartだよ!!

一条工務店のi-smartで33坪の家が2019年7月に完成予定です。家記録と、これからどんな快適な暮らしになるかをブログに書いていきたいと思います。子どもの病気・アレルギーに関しての体験談等も載せています。

まだまだ続くよ。トラブルは( ;∀;)⑤

(・ω・)/こんばんは!プチトマトです☆

 

前回のトラブルが終わり、

 

www.petit-isma7.com

 もう何もないだろうと思い平和な日々を過ごしていましたw

 

ある日、仕事終わりに買い物をしていると営業さんから電話が鳴りました。

 

プチトマト『もしもし!お世話になってます!』

何か書類でもいるのか、と思い明るく電話に出ました。

 

営業さん『もしもしー!お世話になっております!一条工務店の〇〇です。あのー、ちょっと奥様にお伝えしたいことが2点ございまして・・・』

 

プチトマト『はい、なんでしょ?!』

 

営業さん『一点は灯油給湯器に試運転のため灯油を入れていただきたいんです。近いうちにお願いできますか?』

 

プチトマト『了解です!主人が休みの日に入れに行くようにします!もう一つは何ですか?』

 

営業さん『もう一点なんですが・・・例のお宅がちょっと灯油給湯器に関して意見をおっしゃっていまして・・・』

 

プチトマト『はい?』←ここで一気に声のトーンが下がりますw

 

営業さん『灯油給湯器の排気口あるじゃないですか?その排気口からお湯を沸かしている時に熱い熱風が出るようなんですが、植栽にその熱風が当たるからどうにかして欲しいとおっしゃられていらして・・・・』

OX-CH4502YSV画像お借りしました。

※排気口は上の四角い穴の所です。10センチ四方もないと思います。

 

 

プチトマト『はぁ。熱風・・・前も灯油給湯器だったんですけど、その時はそんな事一切言われなかったんですけど、今更ですか?』

 

営業さん『はい、業者さんが給湯器を設置している時に話しかけてこられたようで、すでに監督さんと話をして排気口カバーの見積はお願いしているんですが、どうされますか?』

画像お借りしています。

このカバーを排気口に取り付け、熱風を前ではなく上へ送るというものです。

 

プチトマト『いやいや、今までそんな事言わなかったのに何で急に?』

本当に今まで10年住んできて一切言われたことはありませんでした。もちろんその間ずっと灯油給湯器を使っていました。

 

営業さん『それと、エアコンの室外機から出る風も植栽に当たりそうなので、それもカバーなりで対応してほしいとおっしゃられています。』

 

・・・・・・・・はぁぁぁぁっぁぁぁ????!!!!

今まで室外機も同じような位置に置いてあったけど、一言も言わんかったやんか!!!やのに今更?!?!?!?

 

この時点で私の頭の中は怒りでいっぱいでした。

 

営業さん『僕も給湯器をつけるとなった時にカバーは要るんじゃないかとちょっと思っていたので、ぼくなら配慮はしたという意味でつけると思います。』

 

・・・・要ると思うならどうして給湯器を置くとなった段階で一言言ってくれなかった?僕は排気口カバー付けたほうが良いと思うと言ってくれたら心の準備は出来てたのに。と思ってしまいました。

 

しかもこの時営業さんから『排気口から出る熱風の温度は、業者が言うには200度と聞いています。』と言われました。

前の給湯器の時、主人がシャワーしている時とか給湯器の前通っても熱いとも何とも感じんかったのに200度てどういう事??となりました。

 

この時、電話をしていた顔は般若のようになっていたと思います(。-`ω-)